不妊にならない成功するダイエット

肥満は不妊の原因のひとつとなってしまいます。脂肪細胞にはアディポネクチンというタンパク質を作る働きがあり、インシュリンの作用を助けています。しかし、太って大きくなった脂肪細胞からはこのタンパク質分泌が減り、動脈硬化を起こしたり、卵巣の皮が分厚くなり卵子が上手く育たなかったり排卵しにくくなるなどの弊害がでてきてしまいます。 肥満はイヤだし不妊にもなりたくないからといってダイエットする女性も多くいます。しかし、肥満が不妊の原因となるだけではなくダイエットが不妊の原因となってしまうケースも考えられます。 そのため、不妊にならず健康的にダイエットを成功させることが大切です。特に失敗するダイエットの例としては、極端な食事制限が上げられます。食事を制限してしまうと身体は飢餓状態と捉えてしまい、生命維持に関係のない子宮や卵巣などの妊娠機能を止めようと女性ホルモンの分泌を止めてしまい、妊娠しにくい身体へと繋がってしまいます。また、過度なダイエットを行い3ヶ月以内に5㎏以上痩せても太ってもホルモンに異常が起こって妊娠にくくなってしまうのです。 このようなことを踏まえて、健康的に痩せてダイエットを成功するためには、食事の量を減らしたり、サプリメントやダイエット食品に偏った食生活、減量を繰り返す、急激に体重を減らすなどを控えることが大切です。 美容にも健康にも良い成功するダイエット生活を行うには、炭水化物やタンパク質、脂肪を避けすぎずにバランスよく摂取しながら食べる量を少し減らす、脂肪になりやすい白米や空腹時の砂糖を避けて、野菜や果物、海藻類などを食べてゆっくり良く噛みながら腹八分目を心がける、ウォーキングやジョギングなど適度な運動を心がけるなどが健康的に痩せるポイントとなります。